2017年1月28日

知覚過敏


こんにちは。
今日は知覚過敏についてお話します!

知らないうちに歯がしみる、、、なんてことありますよね。
歯の内部は、身体の中で一番硬いエナメル質の表面に守られていますが
このエナメル質がさまざまな原因によって削られていくことで
神経のある象牙質がむき出しになり、歯の神経である「歯髄(しずい)」に
つながる「象牙細管(ぞうげさいかん)」の穴まで露出します。
この穴から、冷たいものや熱いものの刺激が入り込み
歯がしみるという感覚が起きてしまうのです。

chikakukabin01.png


毎日の歯磨きで硬い歯ブラシを使って「ゴシゴシ」と力強く磨いてしまうと
エナメル質を傷つける原因になります。
やわらかめの歯ブラシを使い、軽い力でブラッシングを意識してみてください。

歯ぎしりも、ひとつの原因です。
癖になっている人は、毎日それを続けてしまうと
次第に歯が削れて知覚過敏を引き起こしてしまいます。
対策として、「マウスピース」を使った治療法があります。

ほかにも、歯周病による歯肉の後退や
加齢により歯肉の後退があります。

知覚過敏の対策として、まずは正しいブラッシングの仕方を身につけましょう^^♪

2017年1月13日

クサビ状欠損


寒い日が続いていますね、、、。
風邪には気を付けてくださいね。


冷たい水などがしみるようになってきた方はいませんか?
もしかしたら歯の根元が削れてきている、いわゆるクサビ状欠損がかもしれません。
クサビ状欠損になる原因は、力強い歯ブラシです!
ひどい時は、神経の近くまで削れてしまい
神経を抜くことになってしまいます、、、。
そうならないために、やさしい力での歯ブラシを心がけましょう!
削れてしまったところは白い詰め物をすることができます。
気になる方はぜひお越しください♪
o0800060013098165940.jpg

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください