新しい発想による口腔機能の育成と正常咬合の獲得

乳歯列からの顎顔面矯正は人生を豊かにする第一歩。お子さんの正常な発育のために、早期治療を目指しましょう。

乳歯列からの矯正

当院の矯正治療では、永久歯に生え変わるまでの「乳歯列期」からの開始を推奨しています。実は、この時期すでに将来の不正咬合の前兆が現れるため、そのリスクを予防する意味でも乳歯列期からの矯正治療が有効なのです。

早期治療は人生を豊かにする治療です

乳歯列からの矯正矯正治療は最適な時期に始めることが大切です。混合歯列期までは顔や顎の成長が盛んな時期であるため、歯の矯正を行うのに最適な時期だといえます。また、乳歯から永久歯への生え変わりも利用できるため、治療も効率的に進めることができます。成長期では顎や骨格のバランスを整えることは容易ですが、骨格の異常が放置されたまま成人になってしまうと、その後の治療に大幅な制約がかかるおそれがあります。

当院では永久歯列期によく噛める状態を作ることを目標として、それぞれの時期に最適な治療を行っていきます。具体的には、乳歯列期には骨格的異常を改善し、混合歯列期には機能的異常を改善して正常な成長発育の軌道へ乗せます。そして永久歯列期には個性正常咬合を達成します。これにより、それぞれの時期に必要な治療期間が短縮され、さらに装置が装着されていない時期を挟むことによって通院期間を短くできるというメリットがあります。

早期治療のメリット
・歯槽骨や顎へのアプローチが容易
・将来起こる不正咬合を予防し永久歯列に良い影響を与える
・顎顔面や顎関節の発育形成を良好にする
・永久歯の萌出(ほうしゅつ)や顎発育など、自然な成長を利用できるので保定の必要がない場合が多い
・治療期間が比較的短い
・患者さんの負担が少ない

早期治療のデメリット
・将来必ず永久歯列期の不正咬合を予防できるという保証はない
・第2段階の治療になることがある

当院では、乳歯列期からの顎顔面矯正は人生を豊かにする治療と考えています。人生を豊かにする歯科の責任を果たすため、スタッフとともにしっかりとしたチームワークで岩見沢に笑顔の子供を増やしたいと願っています。

早期に治療を始めないと危険性の高い不正咬合

こどもの不正咬合は一般集団でおよそ7割に見られます。そういった子どもたちはいろんな機能的な問題を抱えている現実があります。この時期は、顎顔面形態または咬合の異常があれば、それが悪い方向に行く時期です。
当院では、成長過程でこどもの歯列や顎顔面の発育不全が見られた場合に、早期にそれらの原因を取り除いて成長を正しい軌道に乗せることで、術後の長期安定性や全身の機能的な問題の悪化を抑制し改善する治療を行っています。

リスクの高い不正咬合
1、下顎前突(乳歯列期から)
下の前歯が上の前歯よりも前にある場合、骨格的な下顎前突の可能性があります。
発育成長により下顎が前突するため早期治療(乳歯列期から)が必要です。

不正咬合 次へ 不正咬合
下顎前突 治療前 下顎前突 治療後

2、臼歯交叉咬合(乳歯列期から)
指しゃぶりや口呼吸などによって上顎歯列が狭窄し、臼歯部の交叉咬合を引き起こすことがあります。上下正中線の不一致や顎の側方への偏位を伴った臼歯部交叉咬合は自然治癒することはありません。発育により骨格的な下顎の側方変位は増大します。

とくに片側性の臼歯部交叉咬合は、歯列の変形や顎の不均衡な発育などから顔の変形(非対称)をきたし、将来顎関節症や顎機能異常の原因となる可能性があります。また、乳歯列期は上顎歯列を拡大して正常な顎、歯槽突起―神経筋の成長発育を促す良い時期でもあります。

前歯交代期の左側交叉咬合を伴う骨格性反対咬合
不正咬合不正咬合不正咬合
次へ

上顎急速拡大を3回行い鼻腔通気が改善しました。
咀嚼指導により、正中が合い、咬み合わせが安定しています。
不正咬合不正咬合不正咬合

3、開咬(乳歯列期から)
口をいつもあけている(口呼吸)こどもたちが非常に多くなってきています。鼻呼吸が上手く出来ないことにより、頬筋が歯列弓の側方への発育を抑制してしまいます。その結果、開咬になり、口呼吸がもっとひどくなる可能性がありますので早期治療が必要です。

不正咬合 次へ 不正咬合 次へ 不正咬合
開咬 治療前 開咬 治療中 開咬 治療後

4、永久歯の埋伏・歯杯の位置異常(前歯交代期から)
近年、上顎の発育異常の子供が多くなっています。上顎犬歯の異所萌出は隣接歯の歯根吸収を起こすリスクが高いため、早期治療が必要です。

不正咬合 次へ 不正咬合
治療前 治療後

萌出障害の咬合誘導(埋伏歯への対応)についてはこちら

5、過蓋咬合(混合歯列期から)
前歯被蓋が深いため、前方や側方への顎機能運動に障害が生じます。
将来の顎関節や筋機能への影響などを考慮すると、早期治療が必要です。

不正咬合 次へ 不正咬合
過蓋咬合 治療前 過蓋咬合 治療後

顎顔面矯正についてはこちら

不正咬合の要因を分析して治療計画を立てます

乳歯列からの矯正当院では、まず患者さんの症状の特性を確認したうえで、的確に把握していきます。それに基づいて咬合異常の要因を分析し、治療計画を立てます。
具体的には不正咬合の要因を、
1. 骨格型
2. 機能型
3. 不調和型
4. 習癖型
5. 歯

の順に診断して治療計画を立てます。

そして、発育期の不正咬合に対して以下の順に治療をすすめていきます。
1. 形態改善
2. 機能の学習......改善された顎顔面形態に機能をキャッチアップさせ、両者の調和を図る。

治療に骨格型を重視する理由は、患者さんに優しく(無駄のないシンプルな)合理的な治療で正常咬合に導くことを目的にしているためです。つまり早期治療により、患者さん本来のきれいなお顔と笑顔で健康長寿をゴールにできるのです。

ここで着目する点は、姿勢と呼吸(+舌、口腔周囲筋の発達=口腔機能低下の防止)です。生活環境の変化・食文化の変化により、むし歯とは別に口腔機能低下による不正咬合が多くみられるようになりました。

治療中に咀嚼・嚥下・発音などの口腔筋機能を高めることで咬合異常の再発が避けられ、う蝕歯周炎などの歯科疾患にもかかりにくくなるというメリットがあります。発育期に正常機能を獲得し、本来の発育のレールに乗っていただくことで、長期にわたりおいしくお口から食事ができる丈夫で健康な身体を手に入れることが出来るのです。

口腔筋機能訓練について
顎を正常な大きさに発育させた後、口腔筋機能訓練を継続することで、以降の正常な発育を得ることができます。詳しくは、下記PDF資料をご覧ください。

口腔筋機能訓練1
口腔筋機能訓練2 腹式呼吸
口腔筋機能訓練3 ガラガラストップ

口腔筋機能訓練についての詳細はこちらもご覧ください

矯正1期治療の流れ
矯正1期治療では、発育期の形態と機能の異常を正常に戻し、調和させながら正常な発育を促します。歯並びはもちろん、丈夫な身体と顔貌をきれいにすることを目的としています。

1. 矯正相談
初診相談では、まず患者さんご本人やご家族の方が気にされていることやご要望などをお聞きします。そして口呼吸や不良姿勢、アレルギーなどはないか、詳しくヒアリングをしながら不正咬合の要因を的確に把握していきます。
そして、模型を使って不正咬合などをわかりやすくご説明し、今後の治療の流れをご説明していきます。

次へ
2. 検査
検査では問診表をご記入頂くほか、以下の様々な項目を検査します。
また、ブラッシング指導やフッ化物洗口などの説明もいたします。
CTセファロ撮影、顔貌写真、鼻腔通気度、顎関節・頚部リンパ節の触診、口腔内写真、歯列模型の印象採得、舌小帯、頬の圧痕、身長、体重

次へ
3. 診断
資料にまとめた検査結果を解説しながら、治療方法や期間、矯正装置、治療のゴールを説明していきます。また装置作成のための印象を採取します。

次へ
4. 上顎急速拡大装置セット
歯面の掃除をした後、実際に装置を装着します。装置の取り扱いを説明し疑問点などを確認します。
とくに、装置の説明や効果などはしっかりご説明しています。

次へ
5. 調整→定期検査
装置装着後1ヵ月間隔で来院してもらいます。状態の確認や歯面の清掃を行います。
顎が大きくなり舌が動くスペースが出来たら、口腔周囲の筋肉のトレーニングを開始します。

口腔筋機能訓練で最も重視しているのは、舌の動きの改善です。
舌小帯は薄い膜状なのが正常ですが、腱状のものは舌小帯の手術が必要です。舌のトレーニングのために舌小帯切除術お勧めする事があります。

定期検査:3ヵ月に一度定期検査をします。
また、半年ごとに口腔内の撮影、1年ごとに姿勢と顔貌写真、鼻腔通気度、オルソ、セファロ撮影をします。
※CTは必要に応じて撮影します。

次へ
6. 装置をはずす(発育期に機能を育てます)
だいたい1年から2年で拡大装置を外します。拡大装置をはずした後も続けて発育期に機能を育てます。

発育不全の兆候を早く見つけるために、少なくとも3ヵ月に一度お口のメインテナンスに通っていただきます。トレーニングを続けることで、元気で丈夫な体に育てていくことを目的としています。
1、早寝早起き朝ごはん 
2、悪習癖(不良姿勢、口呼吸、早食い、流し込み、好き嫌い)をなくす 
3、適度な運動

1~6の治療により、正常な口腔機能の発育のレールに乗る準備が出来ます。
安静時の口唇と舌の位置を正しくすることで、姿勢と呼吸が変わり表情も豊かになります。

次へ
7. 機能的顎矯正装置(FKO)
下顎の前下方の成長により骨格の改善がみられます。
しっかり噛む方は顎関節もしっかりできます。3ヵ月で効果が出ます。
下顎が前に出るだけでも気道は広くなり呼吸が楽になります。

次へ
8. 一期治療終了:装置を外す(鳩が丘歯科の一期治療は、保定の必要はありません)
歯の生え変わりと全身の骨格の成長・発育は、リンクしている事が分かっています。すべての乳歯が永久歯に生え変わり、12歳永久歯が生え終わるころまで経過観察をします。

子供のころの健康的な生活は丈夫な身体を作ります。


笑顔は人生を左右する。つまり、それは幸せな人生です!
これからの一生、輝く笑顔が待っています!

人生を豊かにする顎顔面矯正(急速拡大装置(ハイラックス)を使った矯正)

現代の子供は食事や生活習慣の変化に伴い、顎が十分に成長しないまま年齢を重ねる傾向にあります。顎が小さいままだと歯がキレイに並ぶスペースが不足するため、結果として歯並びが乱れてしまうのです。

顎顔面矯正次へ顎顔面矯正

土台である顎に問題があるわけですから、一般的なワイヤーを使った矯正では根本的な解決にはなりません。当院では、「急速拡大装置(ハイラックス)」を使って、顎の骨全体の「顎顔面矯正治療」を行います。顎が広がれば自然と歯もキレイに生えそろいますから、乳歯列期においてはとても有効な治療方法です。

顎顔面矯正のメリット
・抜歯せずに矯正できる可能性が高まる
・無理に歯を動かさなくてもキレイに生えそろう可能性が高まる
・下顎前突(反対咬合=受け口)、上下顎前突、開咬、交叉咬合の予防・改善
・口蓋(上顎の天井部分)が下がり、鼻腔が拡大。鼻の通りがよくなって鼻呼吸がしやすくなる
・永久歯萌出不全の予防

埋伏歯(永久歯萌出不全)になった場合の対応についてはこちら

当院の矯正治療をもっと詳しく知りたい方へ
当院でお配りしている矯正治療の資料を、症例写真付きでご覧いただけます。

1.鳩が丘歯科の矯正治療について
2.一期治療(LA:リンガルアーチ)
3.一期治療(RME:顎顔面矯正)
4.一期治療(顎顔面矯正の効果)
5.一期治療の流れ(顎顔面矯正)
6.二期治療とは(歯列矯正)
7.外科を併用した上顎急速拡大(骨延長)
8.矯正料金
9.舌小帯切除術

コラム:「新しい発想による口腔機能の育成」
当院は、時代に応じて進化し続けています。「豊かな人生を支える歯科医療」の一例として、歯とお口の発育についての当院の考え方を、これから顎顔面矯正を始める方にぜひ伝えたい内容です。
「歯科なんてどこでも同じ」と思われている方、ぜひお読みください。

~はじめに~ 「歯とお口の育成」
1回目 「歯と顎の大きさ 遺伝」
2回目 「インディアンの歯」
3回目 「正常咬合」
4回目 「不正咬合の要因」
5回目 「発育障害」
6回目 「食餌と中枢の発育」
7回目 「顎の発育」
8回目 「顎の発育のピーク」

OMD(口腔筋機能障害)の予防

口腔筋機能障害の予防この時期に顎顔面矯正を行うことで、将来、OMD(口腔筋機能障害)にかかるリスクを予防・軽減することができます。すなわち、乳歯列期の顎顔面矯正は人生の豊かさに直結するといっても過言ではありません。

OMDにより引き起こされる主な障害
●姿勢の悪さ
●発音・発声
●咀嚼
●嚥下障害
●胃腸の障害
●鼻呼吸できない
●睡眠障害
●歯周病

OMDの具体的な症状口腔筋機能障害の予防
●猫背で首が前傾
●舌足らずな発音(歯間音化構音)
●クチャクチャを音を立てて咀嚼する
●一度にたくさん頬張る
●クチャクチャを音を立てて咀嚼する
●流し込むように飲み込む
●固い食べ物を嫌う
●飲み物を取らないで食事をする
●濃い味を好む
●咀嚼回数が少ない
●口蓋が狭く深い
●錠剤を飲み込むことが苦手
●嘔吐反射が非常に弱い
●鼻だけで息をすることが苦手

これらのOMDの症状は、早い時期に口腔機能の正常な発育のレールから外れてしまって起きたことが原因です。また、これらの症状は患者さんに放置される傾向にあります。

OMD(口腔筋機能障害)の予防をするメリット
●咀嚼・嚥下、呼吸と発音が良くなる。
●姿勢が良くなる
●小顔になる
●睡眠がよくなる
●笑顔が健康的になる

就学児童健診では、すべての子供が乳歯列期で前歯に隙間がありませんでした。(上下顎が狭い状態)
この時期は正常な発育を促す最適な時期ですので、顎顔面矯正は非常に価値のある治療方法なのです。

当院では歯の問題だけを見るのではなく「口腔機能」に着目し、本来の正常な口腔機能を獲得し永く保つことができるようカウンセリングを行っています。正常な発育を促すことが、こどもの将来の幸せにつながると確信しています。

顎顔面の発育不全とは?

顎顔面の発育不全近年では、生活習慣や食生活の変化により、摂食・咀嚼機能が未発達のまま成長する傾向にあります。その原因は不規則な食事や軟食嗜好、食事中に水分を多くとり流し込んでしまうことが挙げられます。健康に発育・成長するためには、生活習慣の見直しや食生活の改善がとても重要となってきます。

矯正患者の主な食習癖
●不規則な食事(外食や市販弁当が多い・孤食)
●食事中に水分を取りすぎる
●よく噛まずに流し込む
●軟食嗜好
●間食と飲み物(栄養ドリンク・コーヒー)が多い

矯正患者の姿勢と咬合
●片側咀嚼
●舌突出癖・舌運動異常

顎顔面の発育不全になると「顎骨の小型化」や「歯の大型化」につながります。また、上下顎発育不全、骨密度の低下、咀嚼筋の減少、顎関節の発育不全、唾液分泌量低下など様々な障害が生じる可能性が出てきます。

顎顔面矯正のゴールは正常咬合

カウンセリングでは、まず呼吸と姿勢に着目します。そして早食いなどの食習癖、運動不足、頬杖などの生活習慣がないか確認していきます。習癖を改善するだけで1年後にはきれいな歯列に改善される可能性があります。また、混合歯列期までなら狭窄(きょうさく)した顎顔面を拡げて機能を整えることで、きれいな正常咬合になります。

当院で矯正を受けるメリット
●痛くなく、早く動く
●骨を正常なパターンに導く
●正常な咬合を獲得する確率が高い

1期治療(7~9才ごろ)では、CT診査を行い包括的な治療を行なっています。成長期は健康な身体と心をはぐくむ大切な時期ですので今後の人生に大きな影響があります。当院では、低年齢の患者さんに日常生活の中で出来る範囲の改善のご提案もしておりますので、安心してご相談ください。

乳歯列期から始めた症例

顎の成長期を逃さず矯正治療を行った症例をご紹介します。

実施内容
1. 上下歯列弓拡大:上顎ハイラックス+MPA、下顎はLAと習癖(不良姿勢、口呼吸、嚥下癖)の除去
2. 混合歯列期に、口腔筋機能訓練
3. 若い永久歯列期に歯の問題の解決

乳歯列期からの症例集はコチラ

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください