神経のない歯を白くする方法


こんにちは!
今日は、神経のない歯を白くする方法をお伝えします♪

健康な歯には神経が通っており、きれいな白色を保っています。
しかし、外傷や進行した虫歯など、何らかの原因で神経が死んでしまうと
その歯だけ黒ずんでしまう場合もあります。
歯が一本だけ黒ずむとかなり目立つため、なんとか白色に戻したいですよね。
しかし、歯のホワイトニングでは神経の死んでしまった歯を白くすることはできません。

こんな時に使われているのが


「ウォーキングブリーチ」です!!


黒くなる原因は、血液などが歯にしみ出し色が付くというものです。
歯の構造は表面が硬いエナメル質
内側が神経に通じる穴が無数に空いている象牙質に分かれています。
黒ずみは象牙質で起こっていることなので
エナメル質を漂白するホワイトニングで白く戻すことはできません。

ここで使われるのが「ウォーキングブリーチ」です!
ウォーキングブリーチは、歯の中に漂白剤を入れるため
象牙質の漂白が可能で、黒ずみを解決する力があります。

治療方法は、、、
①まずはレントゲンで中や根本の様子を確認する

②漂白剤を入れる場所を作る

③根っこの部分に漂白剤が染み込まないよう蓋をする

④1週間~10日ほどしたら色をチェックし、好みの色になるまで繰り返す

⑤色に納得したら詰めて終了


向かって右の前歯の色が、、、
10018_7378236.bmp
これが、、、
10018_7826236.bmp
このくらいまで白くなります!!

痛みもなくできるので安心です^^♪

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください