2015年2月12日

メタルボンドの症例01

症例治療前
ご自身の歯が虫歯になり黒くなっていることが気になっていました。
また、真ん中の大きい歯(左上1)も黒ずんでいたので、かぶせることになりました。


症例治療後
隣り合う歯と区別がつかないくらいなじんでいて、よくなったとご満足されています。


 

審美補綴治療

「最近前歯の被せ物の色が変わって自分の歯との違いが目立つようになってきた・・・」
「歯がくすんできたような気がする・・・」
このようなお悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか?

症例こちらは、上に書いたような悩みをかかえて当院にいらした患者さんの初診時の写真です。

・昔に治療した前歯の被せ物2本と、周りの歯の色が合わなくなっている
・歯の色がくすんできていて、全体に自然な範囲でもう少し明るくしたい

という2点を希望されていました。

症例治療後の写真です。
ホームホワイトニングを行って天然歯の色を2トーンほど明るくした後、色を合わせて被せ物を新しくしました。全く金属を使わずファイバーコアとオールセラミックで補綴したため、(そして、もちろん技工士さんの腕が一流なのもあり)どれが被せ物でどれがご自身の歯なのか見わけがつかないほどキレイになりました。

症例スマイルラインの写真を見るとより自然さと歯の明るさが際立ちます。

もし同じようなお悩みを抱えている方がいらっしゃいましたら、お気軽に当院のスタッフ・ドクターにご相談下さいね。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください