症例2 正中口蓋縫合をピエゾで割った症例

正中口蓋縫合をピエゾで割った症例です。その後MBを使い、レベリングのみで終了しました。
(治療期間1年4ヵ月:拡大5ヵ月、MB期間11ヵ月)

1、ハイラックス後、非抜歯で歯の問題を解決できました。

2、術後は安定しています。1年3ヵ月経過し、治療直後よりキレイに咬合しています。

3、口元がきれいで、笑顔が変わったと自覚されています。また、スタッフ同士でスポーツセンターに行くようになりました。


患者:A.M 平成元年7月22日生まれ(現在24歳9ヵ月)
矯正治療体験記
初診:2012.5.17(初診時22歳9ヵ月)

矯正治療体験記【主訴】
・現病歴(症状に気づいた時期と経過)    
・既往歴(過去の主な病気)
・家族歴(家族・親戚の噛み合わせ)     
・転居などによる転医の可能性 なし

永久歯列期クラスⅢ
矯正治療体験記

矯正治療体験記顔面正中に対して:
上顎歯列正中は偏位なし
下顎歯列正中は左偏2ミリ
前歯被蓋:Overjet 1ミリ、Overbite 2ミリ 
犬歯関係:Ⅲ級 
臼歯関係:Ⅲ級
上顎歯列弓:V字型
下顎歯列弓:V字型

2012.5.27.
矯正治療体験記

2012.10.18. 上MBセット
矯正治療体験記

2012.11.29. 下MBセット
矯正治療体験記

2013.3.1.
矯正治療体験記

2013.9.13.
矯正治療体験記

2013.9.19. 矯正治療完了
矯正治療体験記

治療前・治療後の比較(パノラマ)
矯正治療体験記次へ矯正治療体験記

治療前・治療後の比較(セファロ)
矯正治療体験記次へ矯正治療体験記

矯正治療体験記
次へ
矯正治療体験記

矯正治療体験記次へ矯正治療体験記
矯正治療体験記次へ矯正治療体験記

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください