下顎左偏を伴う永久歯列期の叢生症例 K.Sさん 16歳 男性

症例症例症例

歯並びの悪さが気になり来院されました。

症例症例症例

このケースでは、大臼歯の遠心移動をして正中を合わせました。通常は顎外固定装置(フェイスボー)を何年も使って改善するのですが、インプラントアンカーを使い、正中を合わせました。

インプラントアンカーについての詳細はこちら

前歯の被蓋が改善して、口元がキレイになりました。

症例次へ症例

矯正専門医でインプラントアンカーはとても普及していますが、インプラントアンカーだけでは顔貌の変化はあまりありません。(骨格をいじっていないため。)

この症例は、上顎の急速拡大を2回行っており、そこへインプラントアンカーを用いて大臼歯の移動を行ったため、きれいに正中を合わせることが出来たと考えています。
※若い時に急速拡大を行う事で大臼歯後方の上顎結節に骨が出来て、大臼歯遠心移動するスペースが出来ます。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください