前歯交代期から始めた症例 K.Sさん 6歳6ヵ月 クラスⅠ交差

症例症例症例
症例症例

初診時、顔貌は下顎が右にずれていました。口腔内を見ると、右下犬歯が反対に咬んでいます。
CTで確認すると、上下とも顎が小さいことがわかりました。

症例症例症例

治療で顎が広がり、本来の位置に下顎が誘導されたので、上下の正中(前歯の中心)があってきました。良い経過です。治療は2年かかりました。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください