鳩が丘歯科の口腔筋機能訓練

口腔筋機能訓練

近年では食文化の発達により軟食化が進み、咀嚼する機能の低下や不正咬合が多くみられるようになりました。成長期の早期治療と口腔筋機能訓練を行うことによって、本来の表情をとり戻すことができるため、元気な笑顔が期待できると考えています。また、口腔の形態・機能のアンバランスを早期に発見し難症例にしないためにも、早期治療をお勧めします。

成長期治療の意味
新しい発想による診断と治療により、バランスのとれた顔貌と歯列の安定が期待できます。

1、鼻呼吸である事
2、安静時に口唇を閉じていること
3、舌が口蓋の正しい位置(上)にある事

口腔筋機能訓練について
口腔筋機能訓練で機能の改善を継続することで、正常な発育を得ることができます。
詳しくは、下記PDF資料をご覧ください。

口腔筋機能訓練1
口腔筋機能訓練2 腹式呼吸
口腔筋機能訓練3 ガラガラストップ

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください