口腔内のバランスが歯並びに影響を及ぼす

機能を正しく学習するためには正常な器官が必要です。とくに口腔においては口唇・頬・舌・歯のような筋肉や粘膜・硬組織が、それぞれ発達過程においてバランスを保ちながら成長し、口腔を機能に適した形に作っていることが重要なのです。この口腔内のバランスが崩れてしまうと歯並びに影響を及ぼしてしまいます。
※舌突出なども同様です。

小児のリハビリでは、早期に訓練を開始することが大切
全身の状態でリハビリが後回しにされることはよくありますが、安全な経口摂取は大きな喜びと希望をもたらします。したがってできるだけ早期に療養を開始することが次のステップへの第一歩であると考えます。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください