当院の矯正治療

顎顔面矯正顎顔面矯正
顎顔面矯正は、永久歯が生えそろうまでの乳歯列期に行うとより効果があるとされています。現代の子供は食習慣の変化に伴い、顎が十分に成長しないまま年齢を重ねる傾向にあります。顎が小さいままだと歯がキレイに並ぶスペースが不足するため、結果として歯並びが乱れてしまうのです。

土台である顎に問題があるわけですから、一般的なワイヤーを使った矯正では根本的な解決にはなりません。当院では、「急速拡大装置(ハイラックス)」を使って、顎の骨全体の「顎顔面矯正治療」を行います。

<顎顔面矯正のメリット>
・抜歯せずに矯正できる可能性が高まる
・無理に歯を動かさなくてもキレイに生えそろう可能性が高まる
・下顎前突(反対咬合=受け口)、上下顎前突、開咬、交叉咬合の予防・改善
・口蓋(上顎の天井部分)が下がり、鼻腔が拡大。鼻の通りがよくなって鼻呼吸がしやすくなる
・永久歯萌出不全の予防

顎顔面の発育不全についてはこちら

成人矯正成人矯正
成人になると歯並びや噛み合わせは変化しないかのように思われがちですが、たとえば歯を抜けたままにしておくと残っている歯は次第に移動してすき間ができますし、歯周病などの影響によっても変化します。成長期にある子供と比べると移動速度は少し遅いのですが、歯の移動は年齢に関係なくおこります。

●成人の顎顔面矯正(ハイラックスを使った矯正)
成人の場合は発育期と異なり骨が固まってしまっているため、歯の移動だけでカバーできない場合は外科処置が必要となります。当院では、成人の方にも急速拡大装置(ハイラックス)を使った顎顔面矯正を行っています。

上顎の劣成長による反対咬合の症状
成人の顎顔面矯正次へ成人の顎顔面矯正
ハイラックスを使った顎顔面矯正

急速拡大装置(ハイラックス)を使用することで、あごの幅を拡大することができ、歯を抜かなくても矯正できるケースが多くなります。また後戻りも少なくワイヤーの弱点である歯根吸収を起こさないことも利点と言えます。

●気道が広がり顔が変わる顎顔面矯正
当院の顎顔面矯正では、急速拡大装置(ハイラックス)を使った正中口蓋縫合の化骨延長術により、安全かつ確実に本来の口腔機能の回復を目指します。顎顔面矯正で骨格を変えるだけで鼻腔通気度が良くなり(気道が広がり)、鼻腔が広がることによっていびきや鼻アレルギーの改善も期待できます。また、顎を本来あるべき正しい位置へ戻すことで骨格のバランスや噛み合わせが整い、口元も変わるため顔の表情が豊かになります。

咽頭の広さが変化した様子(気道が拡大)
成人の顎顔面矯正次へ成人の顎顔面矯正
舌骨の位置も変化・横顔も変化

鼻腔容積が拡大した様子
成人の顎顔面矯正次へ成人の顎顔面矯正

乳歯列期から始めた症例はこちら
成人矯正の症例はこちら
矯正治療体験記はこちら
口腔筋機能訓練についてはこちら
コラム「新しい発想による口腔機能の育成」はこちら

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください