むし歯の進行

むし歯は初期の段階では自覚症状はありません。もしも痛みや腫れを感じたら、すでにかなり進行してしまっている段階だとお考えください。違和感を覚えたらすぐにご来院いただくことをお勧めします。

CO(初期むし歯)CO
穴は開いておらず色も変わっていませんが、歯が溶け始めている立派なむし歯です。健康な歯とほとんど変わらない見た目であるため、自分で気づくことは難しいでしょう。定期的なメインテナンスで発見できれば、削らずに治すことができます。

C1(エナメル質う触)C1
この段階でもまだ痛みはありませんが、歯のエナメル質がむし歯に侵されて穴が開いた状態です。歯にツヤがなくなり、薄い茶褐色になることがあります。溶けてしまった穴の部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。

C2(象牙質う触)C2
エナメル質の下の象牙質までむし歯が到達して大きく穴が開いてしまった状態です。冷たいものがしみ、自覚症状が現れます。範囲が小さければ歯を削ってレジンを詰めて治療します。囲が広くなってしまった場合は、2度に分けて症状が出ないように治療をすすめます。

C3(神経まで達したう触)C3
C2のむし歯をさらに放置してしまうと、象牙質で保護されていた歯の神経「歯髄」にまでむし歯が達してしまいます。温かいものもしみるようになったり、激しい痛みを感じる強い自覚症状が現れたりします。場合によっては大きく削って神経の治療を行いながらむし歯を取り除き、治療後には噛み合わせができるように処置を行う必要があります。

C4(残根状態)C4
むし歯によって歯のほとんどが崩壊してしまい、根の部分だけが残っている状態です。歯を残すことは難しく、抜かなければならない可能性が高くなります。歯を抜いた後は、インプラント、ブリッジ、入れ歯などで噛み合わせをつくる必要があります。

治療例(1)
治療例次へ治療例次へ治療例
治療例次へ治療例

治療例(2)
治療例次へ治療例次へ治療例
治療例次へ治療例

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください