根管治療

根管治療根管治療はC3以上の段階で行われる治療です。神経が入っている根管部分を専門の機器で洗浄してから薬を詰め、被せ物を装着して噛み合わせをつくります。完全にむし歯を取り除かないと再発してしまうこともあるため、精密な機器や高い技術が必要とされます。

根菅治療の流れ
【STEP1】むし歯に侵された歯の表面部分を除去
次へ
【STEP2】穴を開けて治療しやすくする
次へ
【STEP3】根の中で侵された神経を抜く処置(抜髄)
次へ
【STEP4】根管の先端に薬剤を詰めて、炎症が鎮まるまで待つ
次へ
【STEP5】炎症が鎮まったら再び細菌が侵入しないように封鎖
次へ
【STEP6】削った穴の形状に合わせて、詰め物や被せ物をつくって装着
 

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください