痛みに配慮した治療

痛みに配慮した治療むし歯治療時の麻酔注射の痛みが苦手で歯科医院から足が遠のいてしまう患者さんもいらっしゃいます。当院では必要に応じて表面麻酔を行い、痛みを感じにくくなるタイミングで注射を打ちますので、ほとんどの場合で痛みを感じることはありません。

表面麻酔
あらかじめ麻酔の薬剤を塗って歯ぐきの表面を麻痺させて、麻酔針が刺さる痛みを和らげます。一瞬の圧迫感はありますが、注射独特のチクっとする痛みはほとんど感じません。

細い針
注射の痛みは針の太さに比例します。当院では最も細い針である33G(0.26㎜)の注射針を使い、無用な痛みを感じることのないよう配慮しています。

電動麻酔
麻酔薬が注入されるときに痛みを感じるのは、必要以上の圧力がかかっているときです。電動麻酔を使えば、均等な圧力で麻酔薬を注入することができます。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください