歯茎をピンク色にするガムピーリング

ガムピーリングは黒い歯茎を健康的なコーラルピンクに変えることができる治療です。
歯茎も綺麗であれば自然と笑顔もこぼれ、大きなお口を開けて笑うことにも自信が持てます。

ガムピーリング

歯を白くする方法として「ホワイトニング」は有名ですが、歯茎をきれいなピンク色にする方法もあります。
特殊な薬剤を歯ぐきに塗ることで、歯ぐきの表面が一層はがれてきれいな歯茎になるという仕組みです。
歯茎がはがれるというとなんだか怖い気もしますが、薬剤を塗布して数分放置し、洗い流すだけの簡単な施術で完了します。
自費診療になりますが、費用もそれほど高額というわけでもありません。

薬剤以外にも、レーザーを使って歯茎の着色を取り除いたり、外科的に着色部分を取り除いたりすることもできます。

こんな方にお勧め
●以前、煙草を吸っていた
●ホワイトニングやセラミックをいれたのに口元が明るく見えない気がする
●歯茎が黒くて、淡い色の口紅が似合わない
●結婚式を控えている
●接客業をしている方。
●人に見られる職業につかれている方。

黒い歯茎にガムピーリングをしたら
治療例次へ治療例

2~3回続けることで徐々にメラニン色素が取れていきます。
10日ごとに行うと効果的です。
※色のつき具合により個人差があります。

ガムピーリングができない方
●金属の色うつりによる歯茎の黒ずみ
●妊娠中の方
●フェノール、アルコール類のアレルギーがある方

ガムピーリングの注意事項
●おタバコを吸われている方は、再沈着します。
●レーザーをあてた部位が、3~4日間白くなります。
●施術後は、辛い物などの刺激物を控えていただきます。
●さし歯などの金属が原因で、歯ぐきが黒ずんでいる方には効果がありません。
(この場合は外科処置が必要となります)
●多少ヒリヒリする感じが出ます。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください