将来のリスクに備える予防習慣

まずは歯科医院に慣れてもらうところから。子供の頃から予防の習慣をつけて、将来の健康リスクに備えましょう。

小児歯科

子供の頃に嫌な思いをしたことが原因で歯医者を嫌いになってしまったという人もいらっしゃるのではないでしょうか。当院では、まずは歯医者に慣れてもらうことから始め、歯医者に通う習慣をつけてもらえるよう誘導していきます。

その日にいきなり治療はしません

小児歯科初めての場所でなにをされるのか分からないというのは、お子さんにとって大きな不安になってしまいます。ですから、どんな物を使って治療するのかを知ってもらうために、お子さんに実際に治療器具を見せたり触らせたりして、歯科医院の雰囲気に慣れてもらうことを第一に考えています。

また、今すぐに処置しなければいけないような大きなむし歯や、自覚症状があって痛がっている場合でない限り、抑えつけて無理やり治療するようなことはいたしません。

保護者の方には予防の知識を身につけてもらう

予防の知識むし歯の予防には、子供のうちに1日のリズムをつくって規則正しい生活習慣を身につけてもらうことが大切です。

≪親子で身につけてほしい予防習慣≫
・早寝早起き
・朝ごはんを欠かさない
・好き嫌いなく、旬の物を良く噛んで食べる
・家族で食事を楽しむ
・だらだら食べをさせない
・コップの水で食事を流し込まない
・確実な仕上げ磨き

<院長より 〜子供の肥満は歯科から改善〜>
2014年度の文部科学省学校保健統計調査によると、道内の肥満傾向の子供の割合は5~17歳のすべての年齢で全国平均を超えていました。

子供の肥満は、朝食をきちんと摂るなどの食習慣や運動習慣の改善を求められることが多いのですが、肥満と同時にアレルギーや口呼吸、鼻づまり、不良姿勢、いびきなどの睡眠の質の低下、不正咬合といった症状が増えていることから、私は哺乳・離乳のころからの習慣による咀嚼機能の低下や生活習慣の変化が、原因のひとつになっているのではないかと考えています。

したがって、これらの症状に対して個別に対応するだけでは本質は改善しません。歯科の立場から発育期の機能と形態のバランスを整え、それ以降の正常な発育のレールに乗せることが、私たち歯科医師の使命だと思っています。

乳歯列からの矯正についてはこちら

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください