生涯を幸せに過ごすための矯正治療

当院が目指すのは、矯正を通し生涯に渡って幸せになるためのお手伝い。見た目の美しさだけでなく機能性を高め、全身の健康によい影響を与える矯正治療をご提供します。

矯正歯科

自分の人生を豊かなものだと感じるためには、まず健康であることが大切です。おいしく食事ができる、明朗な発声ができる、キレイな笑顔で笑えるといった要素は、健康の維持にとても大きな役割を果たします。

最近の研究で、「不正咬合を治すと顔立ちが整うだけでなく、全身の健康によい影響を与える」ということがわかってきました。当院ではこの考え方に基づいて「正常咬合」と「健康・長寿」をゴールとし、矯正による健康づくりのお手伝いをしたいと考えています。

乳歯列期からの顎顔面矯正についてはこちら

矯正治療によるOMD(口腔筋機能障害)の予防

OMD(口腔筋機能障害)の予防矯正治療を行うことで、OMD(口腔筋機能障害)にかかるリスクを予防・軽減することができます。特にお子さんの場合は比較的簡単に歯を移動させることができますから、将来のリスクを考えれば早期に治療することがベストと言えます。

OMDにより引き起こされる主な障害
・歯周病
・発音、発生、咀嚼、嚥下障害
・姿勢の悪さ
・胃腸の障害
・鼻呼吸できない
・睡眠障害

OMD(口腔筋機能障害)の予防についての詳細はこちら

当院の矯正治療

顎顔面矯正顎顔面矯正
顎顔面矯正は、永久歯が生えそろうまでの乳歯列期に行うとより効果があるとされています。現代の子供は食習慣の変化に伴い、顎が十分に成長しないまま年齢を重ねる傾向にあります。顎が小さいままだと歯がキレイに並ぶスペースが不足するため、結果として歯並びが乱れてしまうのです。

土台である顎に問題があるわけですから、一般的なワイヤーを使った矯正では根本的な解決にはなりません。当院では、「急速拡大装置(ハイラックス)」を使って、顎の骨全体の「顎顔面矯正治療」を行います。

<顎顔面矯正のメリット>
・抜歯せずに矯正できる可能性が高まる
・無理に歯を動かさなくてもキレイに生えそろう可能性が高まる
・下顎前突(反対咬合=受け口)、上下顎前突、開咬、交叉咬合の予防・改善
・口蓋(上顎の天井部分)が下がり、鼻腔が拡大。鼻の通りがよくなって鼻呼吸がしやすくなる
・永久歯萌出不全の予防

顎顔面の発育不全についてはこちら

成人矯正成人矯正
成人になると歯並びや噛み合わせは変化しないかのように思われがちですが、たとえば歯を抜けたままにしておくと残っている歯は次第に移動してすき間ができますし、歯周病などの影響によっても変化します。成長期にある子供と比べると移動速度は少し遅いのですが、歯の移動は年齢に関係なくおこります。

●成人の顎顔面矯正(ハイラックスを使った矯正)
成人の場合は発育期と異なり骨が固まってしまっているため、歯の移動だけでカバーできない場合は外科処置が必要となります。当院では、成人の方にも急速拡大装置(ハイラックス)を使った顎顔面矯正を行っています。

上顎の劣成長による反対咬合の症状
成人の顎顔面矯正次へ成人の顎顔面矯正
ハイラックスを使った顎顔面矯正

急速拡大装置(ハイラックス)を使用することで、あごの幅を拡大することができ、歯を抜かなくても矯正できるケースが多くなります。また後戻りも少なくワイヤーの弱点である歯根吸収を起こさないことも利点と言えます。

●気道が広がり顔が変わる顎顔面矯正
当院の顎顔面矯正では、急速拡大装置(ハイラックス)を使った正中口蓋縫合の化骨延長術により、安全かつ確実に本来の口腔機能の回復を目指します。顎顔面矯正で骨格を変えるだけで鼻腔通気度が良くなり(気道が広がり)、鼻腔が広がることによっていびきや鼻アレルギーの改善も期待できます。また、顎を本来あるべき正しい位置へ戻すことで骨格のバランスや噛み合わせが整い、口元も変わるため顔の表情が豊かになります。

咽頭の広さが変化した様子(気道が拡大)
成人の顎顔面矯正次へ成人の顎顔面矯正
舌骨の位置も変化・横顔も変化

鼻腔容積が拡大した様子
成人の顎顔面矯正次へ成人の顎顔面矯正

乳歯列期から始めた症例はこちら
成人矯正の症例はこちら
矯正治療体験記はこちら
口腔筋機能訓練についてはこちら
コラム「新しい発想による口腔機能の育成」はこちら

萌出障害の咬合誘導(埋伏歯への対応)

萌出障害の咬合誘導埋伏(まいふく)永久歯とは、歯が生えるスぺ―スの不足、歯の生える方向の異常、生える力の不足、良性腫瘍や嚢胞などで出口がふさがれるなどの理由により、永久歯が出てこれない状態のことをいいます。埋伏永久歯と診断された場合、歯が生える場所を確保するため、歯の移動、過剰歯の摘出、異常増殖した結合組織の除去など、咬合の発育を正常に導くための処置が必要となります。これらの処置が遅れるほど、その後の処置がより困難なものとなり、場合によっては永久歯の抜歯にまで至る可能性もあります。

近年、上顎の発育異常の子供が多くなっています。そのため上顎の方が下顎に比較して特に高い発現頻度となっています。
※不正咬合(噛み合わせが正常でない)がある場合は、埋伏の頻度が高い。
※上顎犬歯が正常な位置に生えてこない場合は、隣接する歯の歯根吸収(歯根が溶かされてしまうこと)を起こすリスクが高いため、早い段階での対応が必要です。

萌出遅延(歯が生えてこないこと)の診断
永久歯の萌出遅延の主因は、歯が生えるスペースが無いということです。まずは埋伏を回避するために最大限の努力を図るとともに、隣接歯の歯根吸収を防ぐために早期発見・早期治療がポイントになります。そのため当院ではCone-Beam CT撮影をします。埋伏の原因や可能性を精査して、埋伏歯が出てこられるよう誘導する最善の策を検討し、最適な時期に適切な処置を実施します。 

萌出遅延の目安
① 暦齢+2SD(標準偏差)で萌出遅延と診断:(第一大臼歯は8歳で、第2大臼歯は15歳で2SD)
② 歯根形成量:歯根形成2/3でも萌出していないのは萌出障害です。(1/2萌出開始 1/2~3/4出齦 2/3~萌出完了)
③ 左右歯の萌出の同期性:反対側同名歯と4~6カ月遅れている場合、レントゲン診査をして判断します。

埋伏歯の対応
1、歯が出てこられるスペースを作る
8歳くらいまでなら「急速拡大装置」を使用することで歯が出てくることが多い。

2、乳歯の抜歯、歯牙腫(しがしゅ:腫瘍の一種)などの原因の除去
それでも出てこない場合は、外科手術により切開後埋伏歯を引っ張り出し、その後ブラケットをつけて噛み合わせに参加させることが一般的に行われます。

外科手術について
外科手術外科手術外科手術
外科手術外科手術
上顎右側犬歯が右上中切歯と側切歯の間に出てきそうです。
このまま経過を見ると側切歯の歯根を吸収してしまいます。

切開による誘導:生えてくる方向に異常が無ければ切開し、自然に生えることを期待します。
次へ
その後、必要であれば歯を引っ張り出します。
※再度切開が必要となることがあります。
※下顎7の臼歯の切開の時は、ガーゼを入れて閉じないようにする。

切開・牽引による萌出誘導:生えてくる方向に異常があれば埋伏歯にボタンをつけ、引っ張り出します。
※深いところの埋伏の時は、ボンディング(接着させた成分)は取れるので、ワイヤーで縛る事もあります。
※対顎から引っ張り出す場合、対顎に「アンカースクリュー」という器具を使います。

萌出障害(歯が出てこれないこと)には全身的な要因の場合もあります。鎖骨頭蓋異形成症など、多くの遺伝性疾患が報告されています。遺伝子診断をすることで不要な治療が省ける可能性もあります。

① 鎖骨頭蓋異形成症(反対咬合が多い。2回に分けた施術が一般的で、1回目には10歳前後に切開施術で前歯を、2回目は13歳前後に犬歯・小臼歯を出させる対応をします。
② 特発性萌出不全(アンキローシス(骨性癒着)せずに、永久歯だけでなく乳歯も埋伏していること。この場合矯正力に対する反応はなく、反対咬合に多い

小児の歯科治療に際しては、う蝕治療(むし歯治療)のみでなく、萌出障害(埋伏歯)の予防と処置は重要です。当医院には、多くの上顎犬歯埋伏症例、上顎第一大臼歯埋伏症例があります。全身の健全な成長発育を含めた診断・指導を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

骨隆起の切除術

骨隆起(こつりゅうき)とは骨隆起
骨隆起とは顎の骨にできる、いわゆる「骨の膨らみ」です。骨隆起そのものは触ると固く、歯ぐきも薄くなっているため、表面に物が当たると強く痛みます。「歯ぎしり」や「食いしばり」の強い方に多く見られます。

国内の人々を対象に縄文時代から現代までの間、下顎隆起(かがくりゅうき)の出現頻度が時代と共にどのように変化したかを調査した論文があります。
※下顎隆起:下顎骨の小臼歯部の舌側の骨の表面が、一部分で境がはっきりと半球状に盛り上がる症状

下顎隆起の出現頻度は、弥生時代から近代までは低い頻度、縄文時代人と現代人において高い頻度であらわれ発達しています。弥生時代に下顎隆起の出現頻度が低下したのは、渡来人が遺伝的に下顎隆起の出現しにくい人々であったと解釈することができます。
このことから、下顎隆起の出現に遺伝性があるということが推測できます。そして、隆起についてはこの100年ほどの現代において特に顕著で、現代の日本人の半数以上にあると言われています。現代の日本人の若い世代では発症しても小型で痛みもなく、その存在自体に気づかない一方で、加齢と共に徐々に大きくなり発症が自覚されるケースが多くあります。
※下顎隆起の出現は基本的に日常生活に支障はありません。


近・現代人について下顎隆起の出現頻度の年齢を調べた結果、下顎隆起は12歳以降で発現し、その後20歳代まで発現頻度は増加します。その後は、年を取れば取るほど下顎隆起は発達していきます。

1.下顎の内側にできる下顎隆起
下顎隆起とは下顎の内側に、多くの場合、左右対称に見られます。
大きくなってくると舌が上に持ち上げられ、発音がしにくくなります。また、骨隆起の粘膜は薄いため、入れ歯を使っていると、擦れたり痛みの原因になったりします。このような場合は切除します。

2.上顎の真ん中にできる口蓋隆起(こうがいりゅうき)
口蓋隆起は上顎の真ん中よりやや後方あたりにできる骨の膨らみです。上顎は左右の骨と骨が繋がってできているため、噛む時の力がつなぎ目に集中し、骨隆起ができます。総入れ歯を作るときは、大きな口蓋隆起の場合には切除処置をすることをおすすめします。

骨隆起の切除術
当医院では局所麻酔をしたうえで手術を行います。また、「ピエゾサージェリー」と「骨ノミ」を併用することで、短時間に痛みも少なく処置をすることができます。CTで骨隆起の大きさや位置を確認しながら安全に行いますが、骨を削りますので少々腫れることがあります。
当医院では術後にシーネ(マウスピース)を使います。食事の時にしばらくの間は不便ですが、およそ一週間前後で抜糸します。

●治療経過
骨隆起の切除術【矯正治療前】
矯正開始前に下顎骨隆起除去をしました。

骨隆起の切除術【半年後】

骨隆起の切除術【一年後】
矯正治療で歯列弓をふっくら拡大したことと併せて、舌を上にあげるのが楽になった。

骨隆起切除の症例
症例症例症例

アンカースクリュー(矯正用インプラント)を併用した矯正

矯正用につくられた太さ1.3ミリのチタン製の小さなスクリューを顎の骨に埋め込み、そこを支点にして歯を移動させます。歯を支点にするときと異なり、固定源(スクリュー)が移動することがないので、確実に歯を動かすことができ、また、スクリューの埋入位置によって、歯を前後・上下・左右と立体的に動かすことが可能となります。

アンカースクリュー次へアンカースクリュー次へアンカースクリュー

18歳男性の症例
アンカースクリューを用いる事で24時間、顎外固定装置を用いず、日常生活に支障をきたすことなく奥歯を後ろに送ることが出来ました。

【方法】
1、CT撮影をしてインプラント埋入場所を決めます
2、歯肉に少々麻酔をします(ほとんど痛みもありません)
3、インプラントを植立(埋め込み)します(簡単なもので、1本あたり数分で終了します)
4、矯正用アンカースクリューは、治療終了後取りはずします

【メリット】
歯を動かすための固定源(スクリュー)が確実なため効率よく歯を動かすことができ、治療期間が短縮できます。
②奥歯を含めたすべての歯を後ろに移動させることができ、抜歯をしないで治療できる可能性が高くなります。
③従来、歯の固定源として使用していた補助的な矯正器具(ヘッドギアなど)を使用することなく治療ができます。

【デメリット】
①アンカースクリューの周りを清潔にしていないと感染を起こす場合があります。
②アンカースクリューを埋入するために診断が必要です。どこにでも埋入できるわけではありません。
③治療中アンカースクリューがはずれることがあります。

原則的に顎の骨の成長が終わったとされる高校生以上の方が対象です。
今までの矯正治療では難しかった「歯の動き」が可能となるアンカースクリューは、これからの矯正治療の選択肢の一つとして2012年7月に薬事承認され、今では多くの矯正歯科で使われています。

定額料金

定額料金歯列矯正は、一人ひとりに合わせた装置が必要です。経過によっては治療方法が変わることも少なくありません。装置をつくるごとに治療費をいただくとなると、治療が終わるまでいくらかかるのかわかりにくく、不安を覚える方もいらっしゃいます。

当院では、一期治療費(顎顔面骨格の成長期の治療)は定額です。装置をいくつ作っても料金は同じで、毎回の管理費(調整料)をいただくこともありませんので、追加費用は一切かかりません。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください