早期治療は人生を豊かにする治療です

乳歯列からの矯正矯正治療は最適な時期に始めることが大切です。混合歯列期までは顔や顎の成長が盛んな時期であるため、歯の矯正を行うのに最適な時期だといえます。また、乳歯から永久歯への生え変わりも利用できるため、治療も効率的に進めることができます。成長期では顎や骨格のバランスを整えることは容易ですが、骨格の異常が放置されたまま成人になってしまうと、その後の治療に大幅な制約がかかるおそれがあります。

当院では永久歯列期によく噛める状態を作ることを目標として、それぞれの時期に最適な治療を行っていきます。具体的には、乳歯列期には骨格的異常を改善し、混合歯列期には機能的異常を改善して正常な成長発育の軌道へ乗せます。そして永久歯列期には個性正常咬合を達成します。これにより、それぞれの時期に必要な治療期間が短縮され、さらに装置が装着されていない時期を挟むことによって通院期間を短くできるというメリットがあります。

早期治療のメリット
・歯槽骨や顎へのアプローチが容易
・将来起こる不正咬合を予防し永久歯列に良い影響を与える
・顎顔面や顎関節の発育形成を良好にする
・永久歯の萌出(ほうしゅつ)や顎発育など、自然な成長を利用できるので保定の必要がない場合が多い
・治療期間が比較的短い
・患者さんの負担が少ない

早期治療のデメリット
・将来必ず永久歯列期の不正咬合を予防できるという保証はない
・第2段階の治療になることがある

当院では、乳歯列期からの顎顔面矯正は人生を豊かにする治療と考えています。人生を豊かにする歯科の責任を果たすため、スタッフとともにしっかりとしたチームワークで岩見沢に笑顔の子供を増やしたいと願っています。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください