顎顔面の発育不全とは?

顎顔面の発育不全近年では、生活習慣や食生活の変化により、摂食・咀嚼機能が未発達のまま成長する傾向にあります。その原因は不規則な食事や軟食嗜好、食事中に水分を多くとり流し込んでしまうことが挙げられます。健康に発育・成長するためには、生活習慣の見直しや食生活の改善がとても重要となってきます。

矯正患者の主な食習癖
●不規則な食事(外食や市販弁当が多い・孤食)
●食事中に水分を取りすぎる
●よく噛まずに流し込む
●軟食嗜好
●間食と飲み物(栄養ドリンク・コーヒー)が多い

矯正患者の姿勢と咬合
●片側咀嚼
●舌突出癖・舌運動異常

顎顔面の発育不全になると「顎骨の小型化」や「歯の大型化」につながります。また、上下顎発育不全、骨密度の低下、咀嚼筋の減少、顎関節の発育不全、唾液分泌量低下など様々な障害が生じる可能性が出てきます。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください