早期に治療を始めないと危険性の高い不正咬合

こどもの不正咬合は一般集団でおよそ7割に見られます。そういった子どもたちはいろんな機能的な問題を抱えている現実があります。この時期は、顎顔面形態または咬合の異常があれば、それが悪い方向に行く時期です。
当院では、成長過程でこどもの歯列や顎顔面の発育不全が見られた場合に、早期にそれらの原因を取り除いて成長を正しい軌道に乗せることで、術後の長期安定性や全身の機能的な問題の悪化を抑制し改善する治療を行っています。

リスクの高い不正咬合
1、下顎前突(乳歯列期から)
下の前歯が上の前歯よりも前にある場合、骨格的な下顎前突の可能性があります。
発育成長により下顎が前突するため早期治療(乳歯列期から)が必要です。

不正咬合 次へ 不正咬合
下顎前突 治療前 下顎前突 治療後

2、臼歯交叉咬合(乳歯列期から)
指しゃぶりや口呼吸などによって上顎歯列が狭窄し、臼歯部の交叉咬合を引き起こすことがあります。上下正中線の不一致や顎の側方への偏位を伴った臼歯部交叉咬合は自然治癒することはありません。発育により骨格的な下顎の側方変位は増大します。

とくに片側性の臼歯部交叉咬合は、歯列の変形や顎の不均衡な発育などから顔の変形(非対称)をきたし、将来顎関節症や顎機能異常の原因となる可能性があります。また、乳歯列期は上顎歯列を拡大して正常な顎、歯槽突起―神経筋の成長発育を促す良い時期でもあります。

前歯交代期の左側交叉咬合を伴う骨格性反対咬合
不正咬合不正咬合不正咬合
次へ

上顎急速拡大を3回行い鼻腔通気が改善しました。
咀嚼指導により、正中が合い、咬み合わせが安定しています。
不正咬合不正咬合不正咬合

3、開咬(乳歯列期から)
口をいつもあけている(口呼吸)こどもたちが非常に多くなってきています。鼻呼吸が上手く出来ないことにより、頬筋が歯列弓の側方への発育を抑制してしまいます。その結果、開咬になり、口呼吸がもっとひどくなる可能性がありますので早期治療が必要です。

不正咬合 次へ 不正咬合 次へ 不正咬合
開咬 治療前 開咬 治療中 開咬 治療後

4、永久歯の埋伏・歯杯の位置異常(前歯交代期から)
近年、上顎の発育異常の子供が多くなっています。上顎犬歯の異所萌出は隣接歯の歯根吸収を起こすリスクが高いため、早期治療が必要です。

不正咬合 次へ 不正咬合
治療前 治療後

萌出障害の咬合誘導(埋伏歯への対応)についてはこちら

5、過蓋咬合(混合歯列期から)
前歯被蓋が深いため、前方や側方への顎機能運動に障害が生じます。
将来の顎関節や筋機能への影響などを考慮すると、早期治療が必要です。

不正咬合 次へ 不正咬合
過蓋咬合 治療前 過蓋咬合 治療後

顎顔面矯正についてはこちら

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください