歯科用CTを導入

歯科用CT従来の歯科用レントゲンでは、平面画像からの情報しか得ることができませんでした。歯科用CTを使うことで、従来のレントゲンでは得ることができなかった歯の周囲の形状や歯根の先の状態、歯と神経の位置関係などの情報を正確に知ることができるようになりました。

歯科用CTはこんな時に使用します
●親知らずの抜歯
歯根と神経の位置関係が把握できるため、より安全に抜歯をすることができます。

●矯正治療
顎の骨の正確な情報が得られるため、歯牙移動限界点、すなわち治療のゴールが予測できるようになります。また、子供の発育不全を予知することもできるため、成長の予測をもとにした「顎顔面矯正」にも効果を発揮します。未萌出の永久歯、埋伏歯の歯根の完成程度・位置・萌出方向が分かります。

●歯周病治療
歯の周りの骨の形状がわかるため、どの歯が保存可能か判断でき、診療方針の決定に役立ちます。

●インプラント治療
術前に欠損部の周囲の骨の状態がわかるため、確実な診断が可能となります。

●その他
歯根の先の病気の範囲、歯根のひび割れの範囲などが正確にわかります。また、腫瘍の有無や大きさ、位置まで把握することが可能になります。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください